VALLEY OF GANGALA Guided tour

Topics

« Excavation / BLOG »

発掘は甘くないもんだな~

2011-08-02

コレ、覚えていますか?

以前、紹介した発掘隊の前に現れた調査の壁、フローストーン。
この下に約2万年前の地層が潜んでいる!!
ということで、フローストーンを砕く作業が開始。
調査員が毎日ガツンガツンと石を割っていたのですが、、、

いつのまにかフローストーンがなくなり、土がみえていました😳

写真をよーくみると、、、
奥に調査員の頭がみえてますね。
すっぽり入れるくらいの穴が奥にあります。
フローストーンが割られた手前側の調査も気になりますが、
奥もなんだか気になりますね・・・・

ところで、昼休みを利用して
「何かでましたか~??」
と発掘を覗きにいくと、
いつもツアーの時にも解j説をしてくれる藤田さん(沖縄県立博物館・美術館)が
「カメノテがでてきてますよ~!」
とご機嫌♪

カメノテ→亀の手と想像した方!
あの浦島太郎の亀ではないですよ。
ミョウガガイ科の仲間です。
カメノテ

海の生き物がココから見つかれば、
もしかしたら、人が持ち込んだものではないのか??!
生活の痕跡か?!
と期待が高まる調査員。

今日のブログはカメノテだな😉
と私も気合を入れて、調査終了後に
「カメノテみせてください!!」
と声をかけると、衝撃の言葉がかえってきました!

「実は、、、、カメノテじゃなかったんです。。。。」

「え~!じゃぁなんだったんですかぁ😳」

「カニの爪のようです。」

今でもこの近くの川にいるようなカニかもしれないということで、
調査員も少し落胆模様。

ちなみに、実際に出てきたカニの爪。

これを何故カニノテだと思ったかというと、、、
土の中から姿を出したときはこんな感じだったそうです。

えーっと、
何がちがうんですか??

何がどう違くて、どこがどうみたらカメノテでカニの爪なのか、
普通はさっぱり分からないですが、
藤田さんは熱弁してくれましたよ。
「ほらっ、土でカニの爪(はさみ)の付け根が土で隠れてこの角度で見えていたら
カメノテにみえるでしょ~!!!」

土から少し姿を見せたときの期待と興奮。
ようやく掘り出して期待と違った時の衝撃。

発掘、そんなに甘くないんですね~😰

まぁ、そんなこともありますが、調査員みんな笑ってました😄
色んな出来事があるからこそ、
何かを見つけた時の喜びがひとしお大きいんですよね♪

明日はどんな発見と出会えるかな😍

発掘、8月7日まで!

発掘好きの方必見
大城逸朗先生と行く 港川人発見の旅 バスツアー

~ガンガラーの谷スタッフ 漢那~

————————————————–
こちらもチェック!

ブログ「やんばる山だより。」
http://sekirinzan.ti-da.net/

知られざる沖縄のパワースポット「大石林山」。
聖地アシムイと呼ばれ、数々の神話が伝わるこの地から
日々つれづれお届けしています。
————————————————–

【ガンガラーの谷】が気に入ったらいいね!やフォローをお願いします